古き良き?

ダレスバッグ、それは古き良き時代から現代において多くのビジネスマンから愛されるかばんです。

不思議なもので、そのダレスバッグを先日祖父から譲り受けました。
僕もいち、社会人として生き始めてから数年経ちましたが、このかばんは個人的に「まだ僕が持つべきかばん」では無い気がするのです。
というのも、ダレスバッグは、戦後間もない時代に、アメリカの政治家、ダレス氏が日本に来日した際に使用していたかばんで、そこから日本の鞄職人さんの間で作られるようになったと言われている歴史のあるかばんだからです。
そして、とても重厚感のある、存在感のあるかばんなので、僕のような新米に毛が生えたような青二才では持つべきかばんではないと、そう思うのです。
しかし、祖父が古くから愛用していたダレスバッグは、幼い頃からずっと「カッコイイかばんだな~。いつか(自分も大人の男になったら)持ってみたいなあ。」などと思っていた憧れのかばんなので、祖父からのせっかくの好意を無下にすることなどできません。
その時が来たら大切に使おうと思って大事に保管しておこうと、そう思っていたのですが、母から「おじいちゃんに使ってる姿をみせてあげなさい」なんて言われたら、そりゃあ使わないと申し訳なくなるものです。
そこで今回、正しいダレスバッグの使い方を調べてみたので、ちょっと載せてみます。

what's new

2013/05/31
社会人用の鞄にもを更新
2013/01/16
ツールのひとつを更新
2013/01/16
重厚感を更新
2013/01/16
お手入れを更新
2013/01/16
譲り受けてを更新
2013/01/16
古くから愛されるダレスバッグについてを更新
2013/01/16
ホームページリニューアル

Recommend Entry

社会人用の鞄にも

ダレスバッグって初めて聞きました。社会人用の鞄にもいろいろあって面白いですよね!